自分で自分の持ち物整理を|見られたくないものは自分で生前整理しよう
女の人

見られたくないものは自分で生前整理しよう

自分で自分の持ち物整理を

ダンボール

残る人生を楽しく生きる

生前整理は本人が生きている間に身の回りのものを片付けておくことです。終活の一つとして注目されている生前整理は、自分が亡くなった後に家族が遺品を片付けるための手間を軽減することができたり、残ったものを家族が相続する際のトラブルを予防したり、形見としたいものを貰ってほしい相手に残しておくことができる方法の一つだと言われています。また、生前整理は自分が亡くなった後だけではなく、残された時間を本当に必要なものだけに囲まれて生きていくことができるので、穏やかに楽しく生きていくことができるという点もメリットの一つだと言われています。生きている間に亡くなった後のことを考えるのは、悲しく辛いことではないのです。

業者に頼むという方法も

生前生理は日用品や家具など場所をとってしまっていたり重いものを片付けるのも良いですが、まずは自分一人しか分類することができない写真や手紙、衣類などの分類から始めていくと良いでしょう。「もういらないと思うけれど処分できない」というものは後回しにしておいて、整理できるものから次々に行って行くとだんだんと部屋の中の荷物が減り気持ちが軽くなると、後回しにしていたものもすんなりと整理できるようになることがあります。また、生前整理がなかなか進まないという場合には業者と一緒に行うのも一つの方法です。整理を行ったことで出た不用品を引き取ってくれるサービスも行っている業者もあるので、1人でやるよりも処分の手間がかからないというメリットもあります。