男性女性

見られたくないものは自分で生前整理しよう

終活を始めるには

シニア

終活の一つに生前整理があり、これは死後に身内の負担を少なくするために行います。高齢になると判断力や体力が衰えてくるので元気なうちに始めることが大切です。生前整理を手伝う業者を利用する人も増えています。

自分で自分の持ち物整理を

ダンボール

生前整理は生きている間に身の回りを片付けて、相続でトラブルが発生しないようにしたり家族に遺品整理のための手間やお金をかけないようにすることができるものです。行っていくことで気持ちも軽くなりますし、すっきりとした気分で残りの人生を生きていくこともできます。

遺族のために出来ること

ダンボール

若い時から始めると楽に

遺族にとって遺品整理というのはとても大変なことであり、遺族の苦労を少しでも減らすために今では自分で生前整理を行うという人も増えています。しかし、実際に生前整理を行う場合には出来るだけ早くから始めておくことが大切です。まだまだ元気だから必要無いと思っている人が大半ですが、いざ実際に体の調子が悪くなったりしてしまうと生前整理を行うのにも苦労することになってしまい、結局やらなくなってしまうことが多いのです。また、高齢になると物忘れも多くなってしまうことがあるのでどこに何があるのかを思い出せなくなってしまうことがあります。どうしても残しておきたいものを自分で整理出来るうちに生前整理は始めることが大切です。

不用品の処分は

生前整理を行うとどうしても不用品がたくさん出てきてしまいますが、ここで困るのがその不用品の処分です。ついつい面倒だからといってそのままにしてしまうこともありますが、それでは生前整理を始めた意味が無くなってしまいます。不用品を処分するには専門の業者を利用する方法が確実です。不用品回収業者であれば、なかなか素人が処分しにくい不用品でも燃えるゴミや燃えないゴミの分別も必要なく処分することが出来ます。なかには不用品とそうでないものとがたくさんあってわかりにくいということもあるでしょう。そういった場合には生前整理の専門業者を利用する方法もあります。ただ不用品を処分する業者とは違い、専門の業者は何が大事で何が不要なのか確認しながら整理を行ってくれます。

遺族の苦労を残さないため

和室

残された家族や親族が残されたものを選別する遺品整理は、昔から行われてきた習慣のひとつですが物が多いと手間や時間がかかってしまいます。また、形見分けや遺産の分配にも問題が起こってしまうため、本人の意志が尊重される間に生前整理を行っておくと遺族が苦労しないで済みます。